“Chang-woo” スタスタ blog

池袋カホンレッスン【スタスタ・カホン塾】
▼ グループレッスン@SOUND STUDIO NOAH 池袋店
 火曜日レッスン
 12/19(火)、2018/01/09(火)、01/23(火)、02/06(火)
 木曜日レッスン
 12/21(木)、2018/01/11(木)、01/25(木)、02/08(木)

▼ プライベートレッスンはこちら

2015年12月11日金曜日

音を楽しむ ~ Next Touch ~

新しいカホンが届きました。PARKA SC201B-RD。
そして、PARKAの新製品SP301(シェイクパッド:ラウンドタイプ)。


カホンの打面はバーチ材で、タイト且つパワフルなサウンド。若干厚めでお願いしました。
極小音量でもクリアなティップ音が鳴るように、そしてヒールキックを多用する私のプレイスタイルを考慮して、いろいろカスタム・チューンを施して頂きました。
以前作って頂いた両打面カホン DC102WN-PL に比べてピッチは高めですが、ソフトタッチからハードヒットまでバランスの取れた心地よいサウンドで、とても気に入ってます。
丸型シェイクパッドは、様々なシチュエーションで使えるよう、打面の仕様が異なるものを2種類作って頂きました。

※PARKA HANDMADE PERCUSSION blog 『カホンの製作(SC201B-RD, シェイクパッド)』
このシェイクパッド、シェイカーのように振ったり、パンデイロのように叩いたりして演奏するのですが、12インチのスネアにぴったりサイズなので、こんな使い方をしてみました。

【“Chang-woo Demo PARKA SC201B-RD & SP301 】


とにかく形がアーティスティックなので、想像力が刺激されます。
太腿に乗せて叩いても楽しいので、キッズ向けの教育用ツールとして使っても面白い
と思います。
カラーもいろいろ選べるので、気になった方はPARKAのHPをチェックしてみて下さい。
PARKA HANDMADE PERCUSSION Web Site


【スタスタ・カホン塾】

0 件のコメント:

コメントを投稿