“Chang-woo” スタスタ blog

池袋カホンレッスン【スタスタ・カホン塾】
▼ グループレッスン@SOUND STUDIO NOAH 池袋店
 火曜日レッスン
 10/03(火)、10/17(火)、11/07(火)、11/21(火)
 木曜日レッスン
 10/12(木)、10/19(木)、11/09(木)、11/23(木)

▼ プライベートレッスンはこちら

2015年6月12日金曜日

レッスンザッカン ~Play style~


特徴的なサウンドを持つ楽器・カホンは、ドラムセットの代用として楽しまれており、私自身ドラムの演奏もしますので、レッスンでは主に、ドラムのリズムパターンをカホンに応用したものを教えています。

ただ、レッスンをしていて時々疑問に思うのは、「カホンのレッスンではなぜいつも8ビートから教えるのか?」ということです。8ビートはドラムの初心者が大抵はじめに習うリズムパターンですが、カホンとドラムは実はかなり異なるスタイルの楽器です。ドラムセットは両手両脚を使って太鼓やシンバルを叩きますが、カホンは両手のみで、高音と低音を1つの打面で叩き分けます。演奏スタイルが違うので、表現の仕方もやや異なるはずです。

もちろん、既存のレッスンメソッドがだめだということでは決してありません。自分のカホン教則本『スタスタ叩けるカホン入門』でも、まずは8ビートの叩き方から教えています。それでも、どんな生徒さんに対しても「8ビートから!」と機械的に教えることは、案外と思い込みによるものではないかと感じています。

それよりも、まず好きな曲から入ってみるのはどうでしょう。演奏経験がない人でも、楽しく曲を聴いたり歌ったりするときにリズムの難易度は関係ありません。生徒の皆さんに好きな音楽やカホンで演奏してみたい音楽を尋ねると、JポップからR&B、ラテン、ボサノバ、スウィング・ジャズとバリエーション豊かです。練習メニューと必要なテクニックに違いはありますが、どれでもカホンで演奏することができます。

まず演奏してみたい曲があって、次に、そのテクニックを身に付けていく。それが、楽器上達の一番の近道なのかもしれませんね。



【スタスタ・カホン塾】

0 件のコメント:

コメントを投稿