“Chang-woo” スタスタ blog

池袋カホンレッスン【スタスタ・カホン塾】
▼ グループレッスン@SOUND STUDIO NOAH 池袋店
 火曜日レッスン
 11/21(火)、12/05(火)、12/19(火)、2018/01/09(火)
 木曜日レッスン
 11/30(木)、12/07(木)、12/21(木)、2018/01/11(木)

▼ プライベートレッスンはこちら

2017年7月6日木曜日

「打ち加減」と「鳴り処」 ~Crisp Sound~

パーカッショニストの多くはカホンを演奏する際に、カホンのほかのハンドパーカッションの奏法を応用しており、ジェンベ・コンガ・パンデイロ・ダラブッカ・タブラなど、さまざまな民族打楽器の奏法を自在に使っています。

コンガを例に取ってみますと、基本奏法が主に5種類あり、打面への掌と指の当て方を使い分けています。また楽器によって皮の厚さや張り具合が異なるので、それぞれの打面に合わせて、手の当て方を微妙に調整しています。


カホンの打面も、モデルによって硬いものや柔らかいもの、厚いものや薄いものなど少しずつ違うので、気持ちいい音を鳴らすための打ち方が異なります。
つまり、カホンでいい音を鳴らすためには、コンガやさまざまな民族打楽器と同じように『それぞれの楽器にマッチした打ち方を探す』ことが重要です。

ご自分の使い慣れたカホンで、一番いい音が鳴るポイントを探してみましょう。ポイントが見つかったら、同じ音が続けて出せるように手の当て方や腕の振り方を変えて、いろいろ試して下さい。ベストフォームがみつかって、カホンを演奏する楽しさが一層増しますよ。



【スタスタ・カホン塾】

0 件のコメント:

コメントを投稿