“Chang-woo” スタスタ blog

池袋カホンレッスン【スタスタ・カホン塾】
▼ グループレッスン@SOUND STUDIO NOAH 池袋店
 火曜日レッスン
 06/20(火)、07/04(火)、07/18(火)、08/08(火)
 木曜日レッスン
 06/29(木)、07/06(木)、07/20(木)、08/10(木)

▼ プライベートレッスンはこちら

2014年4月8日火曜日

カホンの中 ~Structure of “Cajón”~

ライブに足を運んで頂いたお客様から「カホンの中はどうなってるの?」という質問をされることがよくあるので、“Chang-woo”所有のカホンよりいくつかその中身をお見せします!

ターンバックル式
ギターペグ式

カホンの打面を叩いたときに鳴る『ザッ』という独特なサウンドは、打面の内側に張られた
響き線によるものです。
響き線の張り方は各メーカーによって様々で、その張り具合の調整方式も、上記のターン
バックル式やギターペグ式の他に、響き線を固定するパーツ(ブリッジ)をネジで上げ下げ
して調整するタイプもあります。
写真のカホンにはギターの弦が張られていますが、スネアドラムのスナッピーが取り付け
られているタイプもあります。
カホン本体の材質はもちろんですが、響き線の素材や張り方によってもサウンドが異なり
ますので、カホン購入を考えている方は、楽器店で実際に叩いてみて「これだっ!」という
お気に入りの1台をみつけられるといいですね。



【スタスタ・カホン塾】

0 件のコメント:

コメントを投稿